院長紹介

院長(以下の文章は、削除してください。)

先生ご自身が育った地元で開業されている場合は、小学校からの学歴や開院までの経緯などを書くと、地域の患者さんに親しみを持っていただけます。

また、先生の専門性を前面に出したホームページにする場合は、先生の所属学会や研究会、そこでの活動などを書くと、信頼感が増します。

単に所属学会の名前や肩書きを並べるのではなく、それらの学会や研究会で、先生ご自身がどういった活動をされてるか、どういった学びや気付きがあったか、何を得て、患者さんや医院にどう還元できていると感じるか、ということを伝えてください。

他にも、
・先生がどんな子ども時代をすごしたか
・子供のころの、歯にまつわるエピソード(実はむし歯が多くて苦労した、歯科医院が嫌いだった…など)
・なぜ歯科医になろうと思ったのか
・先生の趣味や休日の過ごし方
・今年(将来)の目標
など、先生のキャラクターや個人としての物語が伝わることを、院長紹介に書いてください。

ポイントは、「無理をしない」ことです。
先生には、先生らしさがあります。
誰かのまねをして書く必要はありませんし、無理に明るく振舞ったり、クールに振舞ったりする必要もありません。先生は、先生らしく。先生が患者さんに支持され、愛されたいと願うなら、先生がまず自分をさらけ出す、それだけです。

ぜひ、楽しんで書いてください!